みゅーじかるいろいろ

ミュージカルに関することなどをいろいろと。

迷っているひとはとりあえず『1789』を観劇してほしいという話

※おそらく最初の記事ではブログ開設のきっかけなどを書く流れだと思うのですが、以下の記事を真っ先に書きたいので、きっかけやほかの作品については、追々書くつもりです…!

 

先日、帝国劇場で『1789』を観劇してきました!

www.tohostage.com

2016年度版CDをリピートしています。小池徹平さんバージョンを観劇して、幕間にさっそく青い方(小池さんバージョン)を購入しました。2枚そろえないと楽曲のコンプリートができないようなので、今度白い方(加藤和樹さんバージョン)を買いに行くでしょう(予言)

Youtubeで初日の様子がみれるのもうれしいけれど、やっぱりCDやDVDが発売されているの大事!今回のはDVDになるらしい。2枚予約すると少しお安いそうです。

宝塚の福利厚生の手厚さに慣れてしまうと、キャトル*1に行けばあるでしょ、スカステ*2放映あるよってなりやすいけど、東宝のCDやDVDがコンスタントに出るようになったのは最近だと思う。ありがたい。

 なぜ、私初演を観劇しなかったのだろうか…。

舞台ファンのなかで、「観ない後悔より観る後悔」みたいな名言があると思うのですが、本当にそうでした。でも、再演が見れてよかった。

観たくない、観れない理由がある場合は、ムリする必要はないけれど、どうしようかなと思っているときには、やっぱり行った方がいい気がする(私調べ)

やっぱり、舞台の雰囲気みたいなものはCDでは部分的にしか受け止められないし、エネルギーやそのときの感情まで伝わってくる気がするところが、やっぱり生の舞台の魅力だな…と思う。

内容にまったく触れていませんが、『1789』観るか迷っている人は、もしチャンスがあれば見に行っていただきたいという話でした。このあと各地をまわる予定ですので、地元のかたも機会がありましたらぜひ観てみてください!

 

ちなみに、以下重すぎるプレイリスト。

『1789』自由バージョン

デスノート』柿澤さんバージョン

ひかりふる路』

『レディ・ベス』

 

ミュージカルファンはかれこれ年に10回くらい革命起こしていると思う。

 

*1:キャトルレーヴ。宝塚の公式ショップ。CDもDVDも、1頁だけ掲載された雑誌もあるし、過去作品の舞台写真も注文できる。

*2:スカイステージ。一日中宝塚関連の情報が流れる衛星放送。企画を出して実行してくれたみなさまに感謝しかない。