みゅーじかるいろいろ

ミュージカルに関することなどをいろいろと。

2015.7-8 『サンセット大通り』

(かなり今さら感がありますが、観たあとに書いていたメモが発掘されたので、ちょっと加筆しました。もう3年前…)

 

2015年7月~8月に再演されていた『サンセット大通り』のWキャストのジョーを観た印象が「欲望」と「優しさ」でした。ラッキーなことに、柿澤勇人さん、平方元基さん、両方のバージョンを観劇できたので、そのときに感じたことを少し。


雑誌のインタビューなどでも、柿澤ジョーは「雄」だというコメントが載っていたので、相当攻めた感じで来るんだろうとは思っていましたが、想像以上に「俺様」な感じでした。冒頭、映画で成功できなければ、葬儀屋になる、なんていってますが、何か悪巧みしていそうな、一筋縄ではいかないお店だろうと。柿澤ジョーは映画界で一旗揚げてやろうという、ギラギラした欲望がむき出しで、むしろベティに対してはかなり抑えているというか、自制している感じすらありました。


一方、平方ジョーは紳士で、むしろどうしてノーマの館に行ってしまったのだろうと同情するぐらいの好青年で。ここからは勝手な妄想ですが、なんとなく平方ジョーは地元では何でもそつなくこなせる優等生だったような気がしています。そんななかで、こんな田舎じゃなくてハリウッドにいってみたら、もっといろんなことができるんじゃないか、という漠然としたイメージをもって、出てきてしまったのかな、と。何なら地元で葬儀屋のほうがきっとうまくいったんじゃないかと思います(笑)

まだゲネプロ映像がありました。こんな感じです。

2015/7/2 ミュージカル『サンセット大通り』公開舞台稽古 - YouTube

楽曲は有名なものが多いので、ミュージカルコンサートで唄われることもありますね。

日本版のCDは発売されておらず、比較的入手しやすいのはロンドン版。(ロンドン版CDは声が甘い俳優さんなので、どちらかといえば平方ジョーに近いかな?という印象です。にしても、節目の公演はCDになっていると後から聞けて本当にいいですよね…)

日本語で聴けるものは、濱田めぐみさん、田代万里生さん(初演ジョー)のCDだと思います。田代さんの『I am here ~Musical selection~』は新納さんとの「スリル・ミー」も収録されているので!おすすめです!